ミリオタ的ガンダム

投稿日:

ミリネタがあまりないので、アニメの話でも。

最近、私的にイチオシのアニメはHDリマスター版のガンダムSEEDと、モーレツ宇宙海賊。
ガンダムのほうは何と言っても画像が綺麗! SEEDは専門学生時代に見てましたが、技術の進化ひしひしと感じられます。
宇宙海賊のほうは、名前的に、最近多い地雷萌えアニメだと思ってましたが、意外とおもしろかった。

さて、こういったアニメですが私はどうもミリオタ的視点から見てしまうクセがあります。
例えば、先週のガンダムSEEDで、主人公のモビルスーツが物陰に隠れて敵偵察機のモビルスーツをロックオンするというシーンがあります。
しかし、敵はロックオンされていることにまったく気づいていません。つまり、敵のモビルスーツのパッシブセンサーに反応しない手段でロックオンしているということになります。モビルスーツは戦闘機以上に高価で高価値の機動兵器ですから、センサー類は相当に充実していることが推測されます。となると、レーダー照射やレーザー照射等のアクティブセンサーでのロックオンではない。また、主人公機のコクピットには敵の画像がデカデカと映っていることを考えると、可視光画像もしくは赤外線画像センサーの可能性が高いのではないでしょうか。しかし、これらは測距が苦手という特性があるので、その辺をどう補完しているのかは、謎です。三点測定ではないでしょうし、IRSTのようなレーザー測距だとセンサーに反応するかもしれないし・・・。
あの世界ではニュートロンジャマーという兵器の影響で電波が撹乱されて、レーダーや誘導電波等が使用不能という設定があります。ちなみに、戦艦に搭載されている兵器は「レーザー誘導」というセリフが多々出てきます。つまり、敵にレーザー照射をして、それを目標にミサイルが飛んでいくわけですね。砲兵器はレーザーにより測定された座標を目標に発射すると。

こんな感じです。こんな妄想は大好きです。
公式設定資料集とかあると最高にワクワクしますよね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中